自分がどうみられる人物なのかを知る|自己分析と他己分析

自己分析と他己分析

 これから就職活動をする方たちに最初に行ってほしいのは自己分析と他己分析です。

 最近の就職活動は、就職先の企業の情報を集めたり、自分の過去の経歴やスキルなどをいかに証明するかを重視する方が多いらしいのですが、企業にとってはそれ以上に、どんな人物であり、それを自分でどの程度把握しているのかという点が重視されるという話を聞きました。

 つまり、根拠のない自信を持った態度や、妙におどおどした受け答えなどを企業は嫌うわけです。それらを回避するためには、自己分析と他己分析は必須です。

分析方法

 まず自分自身がどういった性格で、どんな長所、どんな短所があるかを細かく書き出します。それに対して、複数人に、同じように自分が、どのような性格で、長所と短所がどこかを書いてもらい、それらを照らし合わせてみるのです。もし、良い面で自分の分析と一致するところがあれば、それは自分自身でもよく理解している特性であり、そこを売りとして就職活動でもアピールできる点になります。

 逆に、自分が思っているのとは逆の分析をされた点があれば、自信過剰であったり、自分の思っている印象を変えていく必要などがあります。就職活動をするにあたって、自分というものが見えていなければ、絶対に成功することはありません。

まとめ

 良くも悪くも自分を理解しておければ、面接などでも、相手に与える印象をコントロールすることができます。自分が思っている性格分析は必ずしも正しいわけではなく、それ以上に他人の分析というものが大切になってくるのです。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る