将来のために専門性を重視した就活!

af9970009337l

1.将来のために仕事を探す
 20代は簡単に仕事を探して転職することが可能な年齢だけに、その後のキャリアを左右するということを理解しないで転職してしまう人もいます。実際転職市場では、年齢が上がれば、それだけ求められる能力も高くなります。必要な専門性がないと転職できなくなるのです。そうならないためにも、できるだけ早いうちから自分の専門性を見つけていく必要があります。それが20代で仕事を探すための目的とも言えるでしょう。そこで、しっかりと、自分のキャリアの基盤を築くつもりで、妥協することなく仕事を探すことが大切になります。


2..20代の仕事探しは情報収集から
 20代の仕事探しは、ポテンシャル採用という選択肢が利用できる年齢だけに、異業種、異業界転職も可能です。そこで、最大限にチャンスを利用するためには、できるだけ質の高い求人情報を多く収集することが大切です。まずは複数の求人サイトや転職エージェントに登録して、それぞれの得意分野業界などの情報をしっかり収集することから始めます。

 そして、必ず転職のプロであるキャリアコンサルタントのカウンセリングを積極的に活用します。彼らは業界動向や、企業情報をしっかりと蓄積している人も多いため情報提供してくれるだけではなく、自分では気づかない長所や志向性をアドバイスしてくれることもあります。そのため、仕事を探す上で自分の視野を広げるきっかけにもつながります。

3.将来の道が見つかったら
 将来につながるやりたい仕事を見つけたら、自分の職務経歴と求人条件を結びつけるように動機や自己PRなどを作成する必要があります。転職エージェントを利用すれば、企業に推薦してくれますので、任せておくことで面接まで進む可能性は高くなります。実際の面接では、自分のことをアピールする必要がありますので、ここで準備をしっかりとしておくと安心して面接に臨むことができます。

そこでポイントとしては
・自己紹介、志望動機、対象理由、将来の展望は用意する
・できるだけ完結に話すようにして、結論とその裏付けを話すようにする
・準備ができたら必ずエージェントや家族に模擬面接を実施してもらう

4.まとめ
 グローバル時代においては、現代の企業の寿命は10年単位と言われています。そのため、適性の無い職場や職場に依存することは、市場の価値を落としていくことになります。そこで、20代の仕事探しは将来につながる大切な通過地点となります。ここで妥協することなく、転職活動を薦められる人だけが、将来につながるキャリアを作ることができます。面倒がらずに転職活動の一つ一つをじっくりと考えて、行動する時には迅速に行うことがチャンスを掴みとれるのです。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る