大学中退者の就職5つの流れ

 せっかく大学に入学しても、中退してしまったら最終学歴は高卒として扱われます。という不利な状況であると考えながら就職活動を行いましょう。この不利な状況を打開するためのステップを紹介。ちょっとしたことであり常識でもあるのですが、これを知っているのと知らないのとでは大違い。是非、就職活動に活かしてみて下さい。
 

就職前準備

 大学を中退してから「就職しよう!」と思うまでどんな生活をしていたのかにもよりますが、就職活動を始める前準備として、「社会人としての自覚」を持ちましょう。それを持つかどうかすらも就職活動には大きな影響を及ぼします。本気度を高めることが重要なのです。

<関連記事>

  • 大学中退しても就職できる?!自己分析の方法とは
  • 就職活動に成功するには計画性が大事!
  • 大学中退した男女が就職するのにかかる期間とは
  • 体調管理を当たり前のようにできる状態にしておきましょう
  • 就職に備えて、この方法でなくす!電話への苦手意識

  • 求人情報収集

     高校さえ卒業していれば職業はある程度選べるでしょう。もちろん大卒ほどではありませんが、それでも選択肢は幅広い。ちょっとした情報や小さな求人も見逃さないために、あらゆる媒体とツールを使って情報収集することをおすすめします。

    <関連記事>

  • 求人の探し方に迷っていませんか?
  • 大学中退者がよく見ている求人情報媒体とは?!
  • 就職サイトの求人票を読みこむポイント
  • ブラック企業に入らないためのコツとは
  • 違いを見ていけば就職の方向性も見えるかも?正規雇用と非正規雇用の違いって?

  • 履歴書や職務経歴書を使い分ける

     もしアルバイトをした経験があるのであれば、それも職務経歴書に記載することが可能です。「初めての就職活動だから」と尻込みせず、堂々と書きましょう。職務経歴書がスカスカになってしまいそうであれば履歴書でカバー。この両者を上手く使い分けることで大学中退のデメリットを打ち消すことができるのです。

    <関連記事>

  • ライバルと差がつく大学中退者の履歴書の作成方法
  • 大学中退者の履歴書と志望動機
  • 履歴書で見られるポイント
  • 履歴書で悩んだ時の解決方法

  • 面接は質問の回答を用意する事

     「大学中退の理由」は、必ずと言っていいほど面接の時に質問されるでしょう。この答えだけには失敗しないこと。大学中退者はこれによって相手に与える印象が大きく変わってきます。その他、聞かれるであろう質問の回答は事前に用意しておくことも忘れずに。

    <関連記事>

  • 大学中退デメリットとして捉えてはいけない
  • 就職を実現するための面接術
  • 面接にふさわしい服装の再確認を
  • 大学中退で就職するための面接対策とは?!
  • 大学中退の面接NG集
  • 上がり症克服に効果がある練習法やツボなどをご紹介!

  • 退職と入社準備

     見事内定を貰い入社日が決定!と、ここで就職活動の全てが終わったわけではありません。入社準備をしっかりと整えてこそ、社会人としての自覚と責任が生まれると言えるでしょう。用意しておくもの、心構えなどを見直すことで晴れて就職活動が終了!となるのです。

    <関連記事>

  • 入社前に確認すること
  • 大学中退の入社手続きの要点
  • 大学中退者が途中入社したときの注意点
  • 大学中退の入社チェックポイント
  • 就職直後に付きものの試用期間はどんな制度か知っていますか?
  • 就活中に内定を辞退する時の大事なポイント

  • ページ上部へ戻る