夏までに就職を決めよう!

af9970009355l

1.夏の転職活動
 夏に向かって就職活動をする場合には、短期決戦のつもりで活動する必要があります。この時期は、6月から7月のボーナスの支給額や自身の評価への満足度の有無によって、自分のキャリアを見直し、夏の間に転職を考える人が多くなります。たとえば、評価が低い場合には、もっと自分を高く評価してくれる企業に移りたいと思うわけです。あるいは現職に不満を感じていて、ボーナスをもらって現職に一区切りをつけようと転職を考えている人もでてくるからです。そして、その欠員補充のために中途採用も活性化しますが、夏季休暇と重なるため、途中で選考結果が止まることもあります。

2.就職を成功させるためのノウハウ
 転職市場は、6月から7月に動きがあっても8月には鈍くなります。しかし、外資系企業では夏休みでも採用活動をしています。外資系企業への就職は、英語を話せることが必須条件ですが高い英語力を求めない場合や、営業職などでは実績ありきとなります。また、ベンチャー企業などは、1年中人材を募集しているところもあるので、日本の企業に勤務していればお盆休みや夏季休暇を利用して、集中的に就職活動をすることができます。
また、Iターン、Uターン転職を希望する場合には、地方で就職相談会が開かれていることも多く、タイミングに合わせて帰省時に参加すると良いでしょう。

夏就職を成功させるためのポイントは
・日系企業への転職では、短期決戦となるため事前に応募書類を作成しておく
・希望業界や企業のホームページを確認して、自己PRなどを考えて先手必勝
・お盆中に面接を集中的にいけるように設定しておく

3.まとめ
 夏の就職活動では、応募する企業や事前準備によっては、好機に変えることができます。そうするためには、6月からすぐに就職活動ができるようにしっかりと準備をしておく必要があります。そこで、まずは5月あたりから転職サイトや転職エージェントで転職市場動向や、業界動向をしっかりと確認しておきます。

 そして、自分が希望する企業のHPを確認して面接に備えるために、どう自分をアピールするのか研究しておくのも良いでしょう。そして、応募書類は完璧でなくても作成しておき、自己分析をしておくと夏就職に向けて、ライバルと差をつけて良いスタートが切れます。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る