内定の連絡が来た際の注意点

①内定の連絡はどうやって入るのか?
 大学中退者が就職活動を行い、内定の連絡を受けるのは、一般的には電話連絡のことが多いはずです。
 ごくまれに採用通知書が届くこともありますが、おそらく面接の際に、合否連絡の方法が知らされます。
 電話連絡の場合、次に会社を訪問したときに書面を渡されるでしょう。

 さて、まず知っておいてもらいたいのが、内定の意味です。
 これは雇用が内々に決まったという意味の正式な雇用契約で、企業は簡単に解除できない約束です。
 そして応募者にとっても、受諾するのかしないのかを、早々に決めなければなりません。
 

②内定の連絡が来た際に注意すべきこととは?
 内定連絡をくれた企業が第一志望の場合は、その場で受諾するのもよいでしょう。
 ですが、採用条件等に確認したいことがある場合は、その旨を率直に伝え、面談の機会を設けてもらう方がよいと思います。
 また、複数の企業を同時に受けていて、ほかの企業の結果を待っている場合は、返事を留保できるかどうか確認します。
 その時点で内定取り消しになるリスクもあるので、「家族と相談させてください」など、当たり障りのない理由で時間をもらうことをおすすめします。
 基本的には入社の意思を伝えるのは、一両日中が基本で、待ってもらえても一週間程度です。
 就職活動の際に、その点も考慮したスケジュールを組みましょう。

 さて、長く就職活動を続けてきた大学中退者ほど、内定が出たことにホッとして、第一志望じゃなくてもとりあえず就職しようと考えがちなものです。
 ですが、仕事はそんなに甘いものではないので、不得意なことや興味のもてないことだと、働く意欲を持ち続けることができません。
 職場の雰囲気や社内教育の制度など、何がしかの魅力を感じて、前向きに働ける会社かどうか、きちんと考えて結論を出すようにしましょう。

③内定を辞退したいときの対処法
 企業が採用活動を行うときには、時間も経費もかけています。
 そのため、時間をかけて選考し、内定を出した応募者に辞退されると、次の手を打たなくてはなりません。
 もし、内定の連絡があって、辞退したいと考えた場合は、すぐに電話やメールで連絡するのがマナーです。
 場合によっては、応募企業に行かなければならないこともあるので、きちんと確認して、大人のマナーを守ってください。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る