事務職は長く続けられるから魅力的!

<事務職の仕事内容とは>

 事務職と聞くと、営業職や技術職と比べて楽なのではないかというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。しかしそんなことはありません。事務職とひとことで言っても、一般事務・経理事務・営業事務・貿易事務・秘書など様々な種類があります。

 事務職の内容としてはアシスタント的な業務が多く、書類作成、電話応対、入力作業、受注発注、各種手配、スケジュール調整など、細かな仕事がたくさんあり決して楽な仕事とは言えません。

 共通して求められる要素は、細かな気配りができる、ミスなく業務を遂行できる、忍耐力などで、ワードやエクセルや簿記などの資格を持っていると選考の際に有利になります。


 <大学中退者が事務職を目指すには>

 事務職は人気の職種ですが、大学中退者でも目指せるのでしょうか。

 事務職は学歴よりも実務経験を重視する企業が多いです。不利になるとすれば、中退したことよりも経験がないほうが不利になることがあります。しかし未経験者でもOKの求人も多くありますし、大学を中退したからといって目指せない職種ではありません。

 大学中退者を採用することは、卒業予定者と違ってすぐに働いてもらうことができるというメリットが企業側にもあります。中退したというデメリットを補うためにも、事務職に必要な資格を取ったり、自分のどのようなところが事務職に向いているのかをしっかりとアピールする必要があります。

 
<給料>

 では、給料の面では大卒者と大学中退者では差はあるのでしょうか。

 事務職の給料は、一般的に平均するとだいたい月15万~19万円くらいと、20万円を切る企業が多いです。大学中退だと最終学歴は高卒となってしまいますので、給料も大卒に比べると若干下がるでしょう。

 資格を持っていると資格手当がつく企業もありますし、自分のスキルアップにもつながります。今後の人生においても自分の財産になるので、ぜひ取得しておきましょう。

<まとめ>

 大学を中退した人には様々な理由があるでしょう。しかし中退の事実がメリットになることはありません。どんな理由があるにしろ、就職活動をするにはそれを帳消しにするくらいのアピールや意欲が必要です。しっかりと準備をして前向きに就職活動に取り組んでください。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る