ライバルと差がつく大学中退者の履歴書の作成方法

1.履歴書の書き方
 大学中退者の履歴書の書き方は、大学中退理由以外には新卒と大きな差はありません。そこで、コンビニやスーパーなどで販売されている一般的な履歴書を使用します。ここでは、できるだけPR欄や志望動機欄が大きいものを選んでおくと、熱意や性格などを伝えられます。

 もちろん、パソコンを利用して履歴書を作成しても構いませんが、新卒の場合には手書きのエントリーシートと履歴を提出させることで、性格や人柄などを選考することもあります。そこで、新卒よりも選考時にハンディがある大学中退者は、できるだけ印象に残る手書きで記載するようにします。

2.ライバルと差がつく履歴作成
 大学中退者のライバルは、新卒や第二新卒などです。書類を通過してライバルと同じ土壌に立つためには、履歴書作成を工夫することが大切です。特に、履歴書記載は、考えながら作成すると失敗が多くなりますので、作成前には自分の考えをまとめておく、あるいは下書き用にえんぴつで、一枚履歴を作成しておきます。実際の作成には、ボールペンで記入します。

 できるだけ綺麗な文字で記載することですが、字が下手な場合には、できる限り丁寧に作成するように心がけと印象が異なります。また、間違った場合には、修正液で消すのではなく、最初から書き直して内容以外で減点されることがない様にします。

3.具体的な注意点
 履歴書の左側には、基本事項として氏名、住所、学歴や職歴などの個人情報と経歴を箇条書きすることになります。そこで、記入方法としては一画一画、離して楷書体で作成します。連絡先は、人事部から携帯電話にかかってくることが多いため、記載しておきます。

 また、学歴欄は、中学校卒業から大学中退まで必ず記載します。これは、大学中退をしたとはいえ、大学入学出来た学力があった事を証明するためです。

 履歴書の右側には、免許、資格、希望事項、志望動機、PRを記載しますが、特に志望動機については、一社一社違った内容を記載します。また、中退理由は、面接では必ず質問されますので、その前段階として書類

 上で前もって記載しておきます。具体的な書き方としては、
・端的に理由を記載して、そこから何をしていたのか、資格取得や活動を記載する
・就職活動に前向きな理由があれば、中退理由とその事に話をつなげる
・中退から就職活動に対して前向きになった心境の変化や背景があれば記載する

4.まとめ
 履歴書とは、面接に比べるとそれほど重視されませんが、それでも選考と共にその評価や印象などが履歴書にプラスされて、選考が進んでいくものです。

 特に大学中退者は、ライバルよりも減点からのスタートになりますので、できる限りその差をあけないようにして選考に臨む必要があります。そのためには、十分に時間をかけて、自分らしさを出しながらも、基本的ないマナーが守られた履歴書を作成することが重要となります。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る